研究シーズ詳細表示

溶接部の不良検査システム

【制作者(担当教員)】
  梅崎研究室(梅崎 太造)

【応用分野・産業キーワード】
  FA

【概要】
 画像を用いた溶接部の自動検査を実現しております.画像情報を用いた検査では,人工神経回路網による独自の自動良否判定アルゴリズムを構築しており,高精度な判定が可能です.さらにラインレーザーを追加することで,溶接ビードの形状を含めた検査を行うことが出来ます.

【ソフトウェア(対象OS)/ライブラリ/関連技術】
 関連技術

【特徴・活用法】
 インライン不良検査システムに応用可能

【メッセージ】(注意書き)

【ホームページリンク】

【研究者データベースとのリンク】(名前をクリックしてください)
  研究者名:梅崎 太造