研究シーズ詳細表示

後方車両の自動検出アルゴリズム

【制作者(担当教員)】
  梅崎研究室(梅崎 太造)

【応用分野・産業キーワード】
  ITS

【概要】
 人工神経回路網を利用することで運転車両後方に車両が存在していることがわかります。これにより車両をより安全かつスムーズに走行させることができます。例えば、追突事故などを未然に防止するなどのドライバー運転支援システムとして活用が考えられます。本アルゴリズムは時系列情報を利用しているため、従来の手法に比べて、トンネルなどでの急激な照度変化に強いという特徴があります。

【ソフトウェア(対象OS)/ライブラリ/関連技術】
 関連技術

【特徴・活用法】
 カメラ以外のセンサを使用せずに後方車両の有無を判定可能

【メッセージ】(注意書き)

【ホームページリンク】

【研究者データベースとのリンク】(名前をクリックしてください)
  研究者名:梅崎 太造