研究シーズ詳細表示

住宅用不審者報知システム

【制作者(担当教員)】
  ㈱toU,梅崎研究室(梅崎 太造)

【応用分野・産業キーワード】
  セキュリティ、福祉

【概要】
 誰もが簡単に使えて安価なWebカメラとインターネットを活用した監視システムを開発しました。Webカメラで動体を捉えて自動的にメールで画像と時刻を通知することで、留守宅への不法侵入やペットの状況を知らせることが出来ます。さらに、長時間動きがない情報を利用して、高齢者の孤独死の防止などにも利用可能です。

【ソフトウェア(対象OS)/ライブラリ/関連技術】
 ソフトウェア(Windows),関連技術

【特徴・活用法】
 自己管理型セキュリティシステム

【メッセージ】(注意書き)
 稼働にはLINUXサーバが別途必要

【ホームページリンク】

【研究者データベースとのリンク】(名前をクリックしてください)
  研究者名:梅崎 太造